365日ゴミ屋敷だったゴミ女がミニマリストになるまで【今すぐ出来る】

Xin Chào.ホーチミンに滞在中のベトまゆです (@dietmayu17048)

今まで散々ダイエットにお金と時間をかけてきた人は他の記事も読んでみて下さい。

それでも痩せない方はこちらから相談ください。

この記事はゴミ屋敷からミニマリストになるまでの過程とコツを書いていきます。

人が住んどるんか?と思うようなお部屋から(衝撃画像お気をつけて

 

画像

何とこのちっさいスーツケース一つで生活しています。

画像

いつも頭の中が忙しくて要領が悪い私でも出来る方法なので誰でも可能です。

人の手は借りろ

Hình ảnh

物を増やさないコツは後で書きますが、このゴミ屋敷から抜け出すにはゴミ屋敷を作り出した張本人一人で片付けるのは不可能です。

弱いところを人に見せるのは勇気がいりますが、ある程度信頼関係が出来てる人なら相談に乗ってくれるはずです。

私は当時の外人彼に相談したところ、一人にさせておけない!と同棲が決まりました笑 

本当に人に相談してください、誰かは助けになってくれます。

  • 一番ベストは殆どの物を捨てて引っ越す
  • 引っ越せなければ、粗大ゴミ回収の日取りを先に決める
  • 片付ける時は一人でする(そこも人に頼ろうとすると更に腰が重くなる

 

粗大ごみや不用品処理はこちらのRecommuリコミュ|家具・家電・不用品の無料引き取りを見てみて下さい。

他の会社だと殆ど有料ですがこちらの会社はリサイクルしてくれるので多くは無料で行けます。(有料もあり}

ゴミを捨てる基準

よくある、ときめくものorときめかないもので判断してはいけません。

だってその判断がしにくいからゴミ屋敷までなったんですもの。

chiちゃん
chiちゃん
ねーちゃん、じゃあどうするなの?
ベトまゆ
ベトまゆ
答えはただ一つ!なくても生きていけるかいけないか!

自分の考えや意思がはっきりしてない時に断捨離はとても難しいのです。

捨てる決心がつかなくて殆どの物が残っちゃう。だからなくても生きていけるものは全部捨てましょそうしましょ!

例えば私が捨てたものは、音波ブラシ、ジェットウオッシャー、美顔器、ダイニングテーブルなどです。

余談ですが音波ブラシ、ジェットウオッシャーを使ってた頃より、歯間ブラシ、フロス、タクトブラシで丁寧に磨いてる今の方が歯医者さんに滅茶苦茶褒められますよ。

要は便利なものに頼らないで自分でコツを掴めばいいのです。

便利なもので溢れてるからそれらに頼ろうとして考える力もなくなります。経済活動に貢献し過ぎなのです。

実家に送るな

手, 指, 皮膚, テクスチャ, 人, 汚い, タッチ, 指紋, 汚れた, 指

捨てられないからと言って何でも実家に送りつけるのはやめましょう。

実家で使うのならまだしも大抵は物置小屋行きでしょう。

私も以前までは実家に送ってました。

私の実家には養豚場を経営するために建てた大きな豚小屋があるんですが、完成と同時に臭いの問題でその土地では豚を買えない事が分かったのです。

なのでそれをいいことに沢山の物を実家に送り付ていましたが10年経った今も全く使っていませんし、新たなものが増えるだけです。

物を増やさない方法

構成します, 女性, ファンタジー, シュール, 写真の操作, 伝送

以前までは欲しい物は何でもすぐに買っていました。

でも今はどんなに小さい物でもその場で買うことは絶対にありません。

一回家に持ち帰ります。同じようなものがないか、代用品はないか考えます。

この方法だと大体の物は要らない事に気が付きます。

頭の中がごちゃごちゃしていたり、孤独だったり、精神的に不安定な時ほどどうしても物が増えてしまう傾向があると思います。

今みたいに最小限で生活していると考えもシンプルにまとまるし、何よりとてもアクティブになります。

私みたいに白か黒かみたいな、ゴミ屋敷かミニマリストか、みたいにはならなくていいですが、最初はとりあえずリセットするつもりでまずは行動してみて下さい。

  • 生きるのに必要かどうか
  • 実家には送るな
  • 人の手を借りろ

 

 

Xin Cám ơn.

お勧め記事